ホーム>保護者様の声

保護者様の声

コメント comment

既存生の保護者様より頂いた「生の声」を一部抜粋してご紹介させていただきます。

縣 涼介くん(小学校5年生)

他の競技で全国大会を目指しているので、スポーツにおいての色々な身体の動かし方や挨拶、協調性など総合的に身につけてほしいと思い入会しました。
通い始めてからは、自分から挨拶が出来るようになったり、目を見て話しを聞くという当たり前だけどなかなか出来ないことを自然と出来るようになりました。
レッスンでは、学校やジュニアチームでは教わらない身体の動かし方を楽しく教えてくれるので、習得も早いのではないかと思います。
本人も楽しそうに通っているのを見て、通わせて良かったなぁと思っています。 

今井 晴捺ちゃん(小学校3年生)

子どもから「何か運動を習ってみたい」と言ってきたのがきっかけで体験レッスンを受け、説明会で一生に一度しかない【ゴールデンエイジ】の重要性を聞きました。
その【ゴールデンエイジ】が将来の運動能力に大きく関わってくることを知り入会を決めました。
レッスンでは小さなことでもたくさん褒めてもらえるので、運動に対して自信がついてきたようです。
コーチの皆さんがいつも明るく、毎回のレッスンでレッスン内容を説明してくれるのもゴールデンキッズの魅力だと思います。 

野村 直輝くん(年長)

現在サッカーもやっているので、その上達に役立つと思い通わせ始めました。
色々なスポーツに通じる動きをレッスンすることで、どのスポーツに挑戦するにもスムーズに始められると感じました。
走り方のレッスンをやってからは、どうしたら速く走る事が出来るかを考えながら走るようになっています。
本人は毎回色々なメニューをやれるのが楽しいようです。
とても負けず嫌いな性格なので、競争しながらのトレーニングメニューは常に一生懸命やっています。
クラスには色々な学年の子がいるので、大きい子に負けないように頑張ったり、その年齢なりの頑張り方を自然と身につけてくれています。

稲冨 泰雅くん(年長)

運動教室が数多くある中でゴールデンキッズに決めたのは【土台作り】という点でした。
将来特定のスポーツに興味を持った時に役立つように、色んなスポーツに共通する土台を作ってあげたいと思いました。
ゴールデンキッズには”あいさつゲーム”があり、相手の目を見てしっかり挨拶することを覚えて、外でもしっかり挨拶ができるようになりました。
レッスンの中でも、みんなでやり直しにならないように周りを見て動作も速くなり、背筋も伸ばしてしっかり話を聞くようになったように感じます。
多学年制ということもあり、お兄さんやお姉さんと触れ合いながらみんなで協力している姿を見ることが出来、わが子の成長を感じられます。
ゲームを交えながらのメニューがあったりレッスン内容も変化があるので、本人もこの時間が来るのをとても楽しみにしています。
 

 

川合 玲愛くん(小学校3年生)

以前から”ゴールデンエイジ”という運動能力が最も伸びる時期のことは聞いたことがあったので、とても気になっていました。
そんな時ゴールデンキッズのことを知り、通わせたいと思ったのがきっかけです。
トレーナーの方の説明や指導がとても分かりやすく、以前まではドタバタとした走り方だったのが、ゴールデンキッズに入ってからフォームが良くなり、運動会で1番を取るところまで行くことが出来ました!!
今8歳ですが、もっと早くゴールデンキッズに出合いたかったと思っています。

森田 和奏ちゃん(小学校3年生)

運動が嫌いなわけではないのですが、走ったりボールを投げたりの基本的なことのコツが分からないようだったので、楽しく身体を動かしながら運動能力を上げてほしくて入会しました。
レッスンではたくさん身体を動かすので多少疲れているようですが、いきいきと楽しく取り組めていると思います。
ゴールデンキッズではあいさつやひとつひとつの行動もきびきびと行っているので、運動能力のアップだけでなく、恥ずかしがるところやダラダラしてしまいがちな点もトレーニングしてもらえるので良いと思っています。
コーチの動きを真似して頑張っていますが、まだ身体で理解できていないところもあるようなので、よりピンポイントで直すところを伝えてもらえたら嬉しいです。

川口 峯旺くん(年中)

親として運動能力を少しでも伸ばす手伝いをしてあげたくて探しました。
特定の運動の動作ではなくて、体の動かし方を啓発してくれるカリキュラムがすごくいいと思いました。
レッスンの中では、大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんについていこうと一生懸命なので、その分今までより足も速くなったように感じます。
子供の成長も見ていて楽しいのですが、なにより個人的にもレッスンカリキュラムとトレーナーの皆さんに好感が持てますね。
無駄のないようによく考えてあって、且つメリハリのきいたレッスンは毎回見ていてとっても楽しいです!

伊藤 琉嘉くん(小学校1年生)

うちの子はすごく活発で元気いっぱいなのですが、少し集中力が持続しない部分もありました。また、私は運動が大好きなのですが、本人はそうでもない様子でした。なにか運動をさせたいけど、何をやらせたらいいのかなと悩んでいる時に、運動能力の土台をしっかり作るということが決め手でゴールデンキッズに入会しました。
やっぱり目を引くのはレッスンの最初と最後の【挨拶ゲーム】でした。これだけで、十分入会した甲斐はあったなと。ただ挨拶をすることを教えるだけではなく、自分から挨拶をする!挨拶した後に相手の目を見る!それはなぜか?というところまで教えてくれるので、子供たちも意味をわかって挨拶をしているように感じます。

片山 裕仁くん(小学校2年生)

スポーツに必要なスキルをいろんな角度から伸ばす指導方法に魅力を感じて入会しました。特にいいなと思うのは【挨拶ゲーム】です。子供たちが自分からコミュニケーションを取り、握手をして、目を見ながら挨拶をするだけなのですが、日常生活でも恥ずかしさがなくなったせいか、元気よく相手の目をみて挨拶ができるようになりました。なにより、思い通りに体を動かせるようになったからか、学校での体育やドッジボールも今まで以上にすごく楽しんでいるようです!運動に対して自信をつけてくれたので、いろんなスポーツに積極的に取り組んでいます。これだけで親としてはとても安心できます。

木村 庵志くん(小学校3年生)

子供自身が『足が速くなりたい!!』と言っていたので、体操教室など色々探しましたが、最終的にゴールデンキッズにしました。理由としては、『今までありそうでなかったタイプの習い事だな』と思ったからです。足が速くなるための練習もただ走るだけではなく、陸上選手の腕の振り方や、スタートの形、足の指を開く練習などいろんな方向からアプローチをするので、なんだか期待させてくれます!運動会では腕の振り方が他の子よりカッコよく感じました。本人が自主的に取り入れているんだなと感心しました!強いて言うなら、多学年でレッスンをするので、学年別で分けるともっと効果的かなとは思います。

石田 雅瑠くん(小学校3年生)

一番興味を持ったキーワードは【土台作り】でした。
スポーツで必要な要素はたくさんあり、その土台をバランスよく発達させてくれるレッスンに主人が興味を持ったのがきっかけです。
私も毎週レッスンを見ていますが、トレーナーの皆さんがとにかく元気がよく、たくさん褒めてくれるので 満面の笑みでレッスンを受けています。
春の運動会で走り方のフォームがカッコよくなっていたのを見て、自分で練習した内容を積極的に取り入れてるんだなと思うとちょっと感動しました!! 



テニスラウンジ
ウェルネススクエア
フットサルアリーナ
テニスラウンジプレーヤーズアカデミー
ホットヨガラウンジループ
© 2015 GOLDEN KIDS All rights reserved.